一ノ割駅などのまちなか居住ゾーンとはどんなイメージなのか 本文へジャンプ


質問

4月からスタートする統合振興計画において土地利用構想が

示され、春日部駅、南桜井駅以外の駅周辺及び武里団地地区

は「まちなか居住ゾーン」に位置づけられました。

この「まちなか居住ゾーン」では、どのようにまちづくりが進め

られるのか伺います。

また、一ノ割駅は 市内で2番目に乗降客の多い駅ですが、

駅前広場や駅前通りが狭く、とても危険な状況です。

駅周辺の安全対策が必要だと思います。

そこで、一ノ割駅周辺の整備について、市として、どのような

ビジョンを描いているのか伺います。


都市整備部長の答弁

まちなか居住ゾーンとは、居住、近隣商業、交通結節機能等、

日常生活関連機能の向上を図り、日常生活の利便性が高く、

均衡のとれたまちをイメージしています。

一ノ割駅周辺の整備については、地域住民や地元商店街などと

連携しながら、歩行者、自転車が安全に移動できる空間を確保し、

安心して買い物などができる整備が必要であると考えています。

今後は、駅周辺の皆様とまちづくりに向けての勉強会などを行い、

活気あるまちづくりに向けて、これからの時代にあった一ノ割駅周辺

のまちづくり構想を進めてまいりたいと考えています。