市役所にいじめを含む問題対策として相談窓口の新設を 本文へジャンプ

質問

春日部駅付近連続立体交差事業の目的の一つである、中心

市街地の活性化については、総合振興計画において、魅力ある中心

市街地の創出を目指して、連続立体交差事業を進め、回遊性を向上

させて、賑わいのある元気なまちを実現することとしております。

現地では、踏み切りによる交通渋滞が発生し、又踏み切り事故の

危険性も高く、この踏切の除却が目的の一つであります。

また、駅舎も24万都市のものとしては貧弱であります。

市のイメージアップのためにも、グレードの高い駅舎や駅前広場を

整備することが必要です。

春日部駅付近連続立体交差事業の進捗状況をお聞きします。

東武鉄道(株)、県、市で協議を進めているとのことですが、どのような事

を協議しているのですか。



にぎわいのまち創出事業は、昨年度から施行され中央第4公園で音楽

イベンドやイトーヨーカドーとララガーデンを結ぶ通りを整備したりと、

西口は賑わいが見られておりますが、東口地域は活性化が失われ

つつあります。

東西両市街地の活性化のバランスを考慮しながら、賑わいづくりを進めて

いく必要があるとおもいます。

本年度の具体的な内容と進め方をお聞きします。



古利根川周辺は、古くから舟運によって麦の集散地として、また

商業の中心地として栄えました。

現在は、駅から至近の距離にあって、中心市街地の貴重な

自然空間として残されております。

この魅力を活かして中心市街地のまちづくりを推進するため、

春日部商工会議所が中心となって、地元の有志により「古利根川

地域資源開発委員会」が発足し、市もオブザーバーとして参加し、

構想を策定したと聞いています。

どのような構想を策定したのですか。